株式会社サイバーセキュリティクラウド
株式会社サイバーセキュリティクラウド

NEWS

ニュース一覧 /プレスリリース

2019.08.27 プレスリリース

サイバーセキュリティクラウド、クラウド型WAF「攻撃遮断くん」の 累計導入社数・累計導入サイト数が2017年調査に続き国内第1位を記録

株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大野 暉、以下:当社)は、2019年5月31日時点のクラウド型WAFサービスに関する市場調査において、前回調査(2017年8月25日時点)に続いて、「攻撃遮断くん」の累計導入社数・累計導入サイト数が国内第1位(株式会社ESP総研調べ)を記録したことをお知らせします。

■背景
2015年12月より、経済産業省より策定された「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」では、系列企業やサプライチェーンのビジネスパートナー、ITシステム管理の委託先を含めたセキュリティ対策が必要である指針が示されています。企業におけるサイバーセキュリティは大きく「社内セキュリティ」「Webセキュリティ」に分類されており、近年特に「Webセキュリティ」の分野では、サイバー攻撃によって企業の経営リスクに直結する問題が多数発生するなど深刻な課題となっています。
そうした背景もあり、2022年には5,735億円※1になると予測されているセキュリティ市場全体においても、「Webセキュリティ」分野の成長率が最も高く、中でもSaaS 型製品が好調なWAF(Web アプリケーションファイアウォール)が市場をけん引していくと推測されています。 DDoS攻撃やランサムウェア等、多様化するサイバー攻撃被害が相次いでいる事を背景として需要が拡大しており、従来、需要の中心であった大規模組織のみならず、相対的にセキュリティ対策が遅れていた中堅・中小企業における新規導入需要が拡大しています。

■累計導入社数・累計導入サイト数 国内No.1達成の要因
そうした状況の中、当社が展開するクラウド型WAF「攻撃遮断くん」は、独立系調査会社である株式会社ESP総研が実施した2017年8月度の調査に続き、クラウド型WAFサービスに関する最新の市場調査において、累計導入社数・累計導入サイト数ともに第1位を記録しました。導入社数、導入サイト数が増加した主な要因には下記が挙げられます。
・ 「攻撃遮断くん」の機能強化として、新たな脆弱性に対する迅速な対応はもちろんのこと、Webサイトからの申し込み自動化機能の開発を実現
・販売パートナーとの提携強化における活動が堅調に推移
・Webセキュリティの啓蒙も含めたPR活動においては、タレントを起用したWeb動画広告、情報セキュリティEXPOへの出展、当社セキュリティエンジニアによるセキュリティレポートの強化などに取り組み、更なる市場の拡大に向けた活動を推進

■ディープラーニングを用いた攻撃検知AIエンジンの開発によりさらなるサービス強化へ
さらに当社では、近年AIを悪用したより複雑な攻撃や、未知のサイバー攻撃(ゼロデイ攻撃)が今後増加していくことが予想されるなかで、ディープラーニングを用いた攻撃検知AIエンジン「Cyneural(サイニューラル)」を2019年8月に開発し、運用を開始しました。これにより、従来のWAFでは検知することが困難であった、未知のサイバー攻撃等も検知・分析を行うことができ、より高精度なサイバーセキュリティを提供することが可能になります。

今後も「Webセキュリティを当たり前にする」という「攻撃遮断くん」のサービスビジョンの実現にむけて、世界中のWebシステムへWAF導入を進め、安心・安全に利用できるサイバー空間の創造に尽力するとともに、お客様のビジネスリスク軽減に取り組んで参ります。

【クラウド型WAF「攻撃遮断くん」について】
https://www.shadan-kun.com/

クラウド型WAF「攻撃遮断くん」は、Webサイト・Webサーバへのサイバー攻撃を可視化・遮断するWebセキュリティサービスです。世界有数の脅威インテリジェンスチーム「Cyhorus(サイホルス)」により、最新の脅威にもいち早く対応します。導入社数・サイト数で国内1位を獲得し、 企業規模を問わずご利用いただいています。

【サイバーセキュリティクラウドについて】
会社名 : 株式会社サイバーセキュリティクラウド
所在地 : 〒150-0011 東京都渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿maxim3階
代表者 : 代表取締役 大野 暉
設立 : 2010年8月
URL : https://www.cscloud.co.jp/

「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」という理念を掲げ、サイバーセキュリティクラウドでは、世界有数のサイバー脅威インテリジェンスとAI技術を活用した、WEBアプリケーションのセキュリティサービスを全世界に向けてサブスクリプションで提供しています。また、クラウド市場世界シェア34%※2を持つAWS(Amazon Web Service)において、世界で7社目となるAWS WAFマネージドルールセラーにも認定されております。
これからも私たちは、リーディングカンパニーとして、世界中の人々が安心安全に利用できるサイバー空間を創造するためのサービス開発を行い、情報革命の推進に貢献してまいります。
※本リリースに記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。 
※1 富士キメラ総研「2018 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」
※2 The Leading Cloud Providers Continue to Run Away with the Market

戻る