株式会社サイバーセキュリティクラウド

株式会社サイバーセキュリティクラウド

NEWS

ニュース一覧 /プレスリリース

2015.05.21 プレスリリース

株式会社USEN様(JQS:4842)が弊社サービス「攻撃遮断くん」の提供を開始

~サイバー空間の安心安全をより多くの人に~
サイバーセキュリティクラウドの『攻撃遮断くん』
株式会社USENからサービス提供開始。
 
株式会社サイバーセキュリティクラウド(東京都渋谷区、代表取締役:新田 憲佑)は、クラウド型セキュリティサービス『攻撃遮断くん』が株式会社USEN (東京都港区、代表取締役社長:田村 公正,
東証ジャスダック:4842)と代理店契約を締結し、サービスの提供を開始した事をご報告いたします。
 
【サービス提供開始の背景】
 近年、政府機関や国内企業のサイバー攻撃が急増しており、2014年の日本へのサイバー攻撃関連通信は256億件ありました。政府はこの状況を深刻に受け止めており、2020年に行われる東京オリンピックも視野に入れ、サイバーセキュリティ戦略の基盤となる「サイバーセキュリティ基本法」が2015年1月9日に全面施行されました。この法案の施行により、サイバーセキュリィを確保するための努力が、国民や企業に求められることになりました。IPAが発表する情報セキュリティ10大脅威2015では、WEBサイトの脅威が3つもランクインしており、今や企業にとって、WEBサイトのセキュリティ管理は顧客を守るため、社会的に果たすべき義務だといえます。企業WEBサイトのセキュリティサービスの需要は高まる一方です。
その中で「攻撃遮断くん」は、NTTドコモをはじめとした、大企業から中堅中小企業までの幅広い導入実績、導入が簡易なこと、対応可能なOSやサーバの多さ、そして企業の規模を問わず導入しやすい価格などが、お客様にさらなる「バリュー」を提供できると株式会社USENに評価され、この度提携してサービスを提供していく運びとなりました。

【株式会社USEN  ICT事業に関して】
 USENでは2002年の法人向けインターネット回線サービス「BROAD-GATE 02」の販売開始から、オフィスの課題を解決するICTソリューションサービスを提供しております。現在では、ネットワーク、クラウド、モバイル事業を柱にビジネスを支える豊富なソリューションを展開しております。
                                                    
【攻撃遮断くんについて】
「攻撃遮断くん」(https://www.shadan-kun.com/)は、外部公開サーバへのあらゆる攻撃を遮断するIPS+WAFのクラウド型セキュリティサービスです。革新的な仕組みにより、クラウド(IaaS)を含むほぼ全てのサーバに対応し、ネットワーク、OS、Web、アプリケーションへの攻撃を防ぎます。保守・運用に一切の手間をかけることなく、24時間365日のセキュリティを実現します。

【今後の展望について】
サイバーセキュリティクラウドの「攻撃遮断くん」は従来の「セキュリティサービスは高くて面倒」という常識を打ち破る画期的な製品です。USENは長年の実績と幅広い事業展開により、既に多くの事業者様から信頼と支持を得ています。今回の提携により、いっそう多くの事業者様に「攻撃遮断くん」という優れたサービスを知っていただけるものと期待します。当社の理念「サイバー空間の安心安全を創造する」の実現に向けて、今後も積極的な取り組みを続けてまいります。

 
戻る