攻撃遮断くん

攻撃遮断くん

MESSAGE

代表挨拶

世界中の人々が安心安全に使える
サイバー空間を創造する

2010年に設立した弊社が、現在のサイバーセキュリティ事業に舵を切ったのは2013年。日本国内におけるサイバー攻撃総数が初めて100億件の大台を超えた年だったと記憶しています。

その後2016年にはサイバー攻撃が約1,281億件もの数となり、2005年以降430倍にも増加。企業のセキュリティインシデントは連日メディアを騒がせています。
この社会的危機を背景に、政府は2014年サイバーセキュリティ基本法を施行、弊社はあらゆる企業を根底から支えるためにクラウド型WAF「攻撃遮断くん」を開発しました。
サービスのリリース後もアップデートを重ね、導入サイト数は3,000サイト(2017年6月時点)を超え、国内トップクラスのシェアを獲得するまでに成長しています。

今やサイバーセキュリティ市場は2019年には約1兆円を超えるまでに拡大すると言われており、さらに今後はFintech、Bigdata、AI、IoTなどのテクノロジーにより変わる、人々の生活スタイルの裏側を支える最も大切な市場となっていくでしょう。

私たちは、「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」べく、圧倒的なスピード感と連続的な技術革新をもってこの市場を世界規模でリードしていきます。

代表取締役 大野 暉